ナンパでセフレを探すときは遅い時間に

my-name-is-1185862_1280
セフレを作ろうと思っても、どうやって相手を見つけるのかという問題があります。
すぐにでも実行できるのが、街中でナンパをするという事になります。
ただ、ナンパは成功率には期待しない方が良い方法かも知れません。

■普通のナンパでは難しい

普通にナンパをしたのでは、それこそ話を聞いて貰うだけでも難しくなります。
上手く話を聞いて貰う事が出来たとしても、その結果、恋人では無くセフレを探していたと知れば、そこで終わりという事も多くなります。
普通に街中でナンパをする場合には、余程イケメンであるなど自分自身が魅力的な場合でなければ上手くいかないのです。
ですからナンパでセフレを探す場合には、相手を選んで声を掛ける必要があります。

■酔った相手を選んでナンパする

普通の相手に声を掛けても上手く行かないとなれば、酔った状態の女性に声を掛ける事がポイントになります。
その為にも明るい時間帯のナンパでは無く、夜遅い時間になってからの方がいいのです。
酔った感じで歩いている女性を探して、そういった相手に絞って声を掛けるようにするのです。
酔いが酷い状態では話がうまく出来ない可能性もあるので、あまり酔いすぎていない相手を狙うと良いでしょう。

■終電が過ぎれば話もしやすい

時間が遅くなって終電が過ぎてきた頃になると、さらにナンパが成功しやすくなってきます。
家に帰るには電車がありませんから、タクシーで帰るよりもホテルに泊まってしまえばいいと思う女性も出てくるのです。
しかも酔っていればそういった考えにもなりやすいので、セフレを探す場合にはナンパをする時間帯がポイントになるのです。
セフレサイトを利用した方が見つけやすいのですが、飲みに行ったときなどはナンパで探す方法もあるのです。

せふれ 出会い 掲示板 TOP

公開日:2015年12月17日

 - セフレが募集出来る、作れる場所